住宅ローンの審査って本当に甘い?実際はどう?

長年の夢だったマイホームを購入してまもなく、働けないほどの病気にかかってしまったらどうすべきでしょうか。
普通は、団体信用生命保険に加入していると思うので契約者が死亡した場合は、手当てが払われます。
契約した内容に個別でガン保険が組み込まれている保険もあれば、種類によっては含まれないものもあるので気をつけましょう。
但し種類があり癌診断を下された時点で支給されるものと、期限や条件付きで保証金が出る場合があります。
こうした保険は高く見えますが、思ったよりも安いので何かあった後では遅いので、今から準備しておきましょう。
自分だけの家が欲しい!と思ったときに住宅ローンが資金繰りに役立ちます。
申請方法は、銀行・信用金庫から出来ますがマイホームを購入するときは不動産屋に行く方が多いと思うので不動産屋と提携している銀行・信用金庫に申請しても良いと思います。
返済期間はそれぞれですが一番長くて35年の借入期間が選択できます。
だけども、申請者の年齢によってこの期間を選べない可能性もあります。
おおかた、40歳オーバーの申請から通りにくくなってしまう事が多いようです。
将来、住宅ローンを組む可能性のある方は、以下の点に注意して選んでみると良いでしょう。
人生の中でも最大の買い物とも言える大きな商品です。
なので金利の安さだけで選ばないようにしましょう。
おすすめとしては、実質返済すべき金額を見る事です。
低金利といっても、他に必要な事務手数料などがかかってしまうと結果的に損してしまった...なんて方も少なくありません。
変動金利を選ぶか固定にするかによって金額が変わるので、長い目で考えてどれが一番良い選択かを見極めましょう。
良くも悪くも実際の利用者の声を参考にすると良いでしょう。
住宅ローンは長年支払いをする物ですから、フラット35の様に、毎月の返済額が変わらないローンは安心ですよね。
フラット35の最大のメリットは、35年間返済金額が変わらない。
という事です。
35年という長い間、世の景気に左右されることなく、そんなフラット35の審査は、変わっているとはいえ、やはり支払い能力や信用問題は重点的にチェックされます。
フラット35だからといって、審査内容が甘い。
といった事もありません。
住宅の価値を審査される。
という点が加わります。
違う点は、貸付をする住宅に価値があるかどうか。
という所を重点的に見る。
という点です。
フラット35の審査は通過するケースが多いと言われています。

住宅ローン審査甘い?落ちたらどうしたらいい?【通りやすいのはここ】