AGA遺伝子検査キットは薄毛対策になるの?

みなさんは、アロエ育毛剤を使ったことはないですか? 育毛剤を試してみたいけど、化学薬品を使うのはとても心配な人たちの間で、口コミで評判となのが「アロエ育毛剤」なのです。

主成分は、天然由来成分を使っているので、とても安心して使うことができると評判なのです。

天然由来成分の育毛剤の中でも、最も代表的なものが「アロエ育毛剤」なのです。

アロエのエキスは、美容液などにも使われていて、人間の肌にいい栄養素や保湿成分が豊富に含まれているのです。

アロエ育毛剤ではこれらの栄養素や保湿力で、頭皮環境を正常にしていって育毛促進をしているのです。

他の育毛剤とアロエ育毛剤の違う点としては、自分で作ることができてしまう点が挙げられるのです。

自分でアロエを栽培して、葉からエキスを抽出して、育毛剤として使っている人もいるのです。

もちろん、アロエ育毛剤は各メーカーが販売しているのです。

例えば、小林製薬の「アロエ育毛トニック」は、その効果が口コミで評判となって人気となった商品なのです。

薬用の育毛トニックが発毛促進をして、脱毛予防をしてくれるのです。

男女共にお使いいただける育毛剤で、小林製薬ではアロエについての研究を40年以上も続けてきました。

アロエは、医薬品としても、とても広く使われていますよね。

小林製薬のアロエは、伊豆産の無農薬のアロエを使っているのです。

口コミでは、髪がふんわりしたとか低刺激なのがうれしいとか、保湿に重点を置いているのがいいというものがあります。

AGAというものは男性ホルモンにより発症しますが生活習慣や食生活にも大きく影響されます。

人の体は血液の循環によって酸素や栄養が運ばれるので健康な身体を維持するためには血流を良くすることは大切です。

髪に必要である栄養素も血流によって運ばれてきますからAGA治療をしている人は血流を良くするよう心がけなければいけません。

運動不足は血管を収縮させるので薄毛治療にはよくありませんし喫煙も血管を収縮させる大きな要因です。

頭皮が凝り固まっている人はゆっくり入浴することなどが効果的です。

AGAはジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンの影響で髪の毛の成長期が短縮されてしまうことにより発症します。

AGAを発症してしまうと髪の毛が十分に成長する前に脱毛してしまうので髪が細くなって短い毛ばかりが残るため薄毛が目立っていきます。

AGA治療はプロペシアと呼ばれる内服薬を使いDHTの生成を抑えることで薄毛治療を進めていきます。

他にはミノキシジルという外用薬で頭皮の血行を促す治療法もあります。

両方の治療方法を併用することも可能ですが健康保険の適用外のため、費用が割高になってしまいます。

日本皮膚科学会がAGA治療のガイドラインで認めたプロペシアにはAGA治療への効果が期待できる有効な数少ない薬です。

しかし、どんな薬にも副作用があるので服用前にどんな副作用があるのかを知っておきたいところです。

プロペシアの副作用で最も気になるものは肝機能障害ですが肝機能障害の有無は血液検査をすることで調べることができますから使用前後の変化を確認することが大切です。

また、プロペシアは本来前立腺がんの治療薬ですから前立腺がんの検査結果の数値に誤差が生じる場合もあります。

この他にも長期間のプロペシアを服用することで男性でも乳癌を発症したりアレルギーや鬱病などといった副作用の可能性も危惧されています。

AGAは遺伝により発症しますから根本的に完治できるということはありません。

AGAを発症するか否かは個人の体質によって決まる為遺伝子を組み替えない限りはAGAは治りません。

従って、AGA治療を中断すると抜毛や薄毛は復活してしまうのです。

そうは言っても、AGA治療で使われるプロペシアやミノキシジルも医薬品なので副作用がありますから、一生使い続けるのも問題があります。

内服薬であるプロペシアは様々な副作用が報告されていますのでライフステージの変わり目がやめどきかもしれません。

なるべく安くAGA治療をするのなら育毛剤を購入するのがお勧めです。

ミノキシジル配合の育毛剤は種類が多く薬剤師がいる薬局で買う事ができます。

インターネットでミノキシジルを個人輸入する人もいるようですが信頼性に欠けるので、やめた方が良いと思います。

頭皮の血行促進がミノキシジルの育毛効果なので同様の効果がある保険適用薬で代用することも可能です。

ぬるめのお風呂に浸かりリラックスすることやバランスの良い食生活を送ることもAGA治療には有効です。

インターネットでAGA治療内容について調べてみたら画像付きで経過報告をしている体験談を見つけることができます。

多くの場合で、治療を始めてからから3ヶ月程度で効果が出始めるようで、定期的に写真を公開してくれているので育毛具合がよくわかります。

中にはうさんくさいサイトもありますが経過だけでなく、費用や薬を紹介してくれているサイトもあるので非常に参考になります。

AGAの治療を開始すると初期脱毛が起こったりするので体験談が記載されていると、これから自分の身に降りかかるかもしれないことなので心強いですね。

参考:【AGA遺伝子検査キット】同封書類の確認と内容の解説

AGA治療に関するサイトは、特にアクセス数が多いみたいですからそれだけ薄毛に悩んでいる男性が多いのかもしれませんね。

AGAの治療は市販の育毛剤を使うよりも皮膚科のドクターに診てもらうことをおすすめします。

病院で処方してくれる薬は医薬品ですので市販されている医薬部外品よりも高い効果が期待されます。

処方される薬というのは保険が適用されないため市販薬より高価ですが効果の薄い育毛剤を使うよりはコスパが良いでしょう。

それから、薬だけに頼らずに日常生活でも頭皮ケアをすることを心がけることでさらに効果が上がるのでおすすめです。

ストレスを溜めないようにしたり食生活を見直してみると良いでしょう。

AGAというものは遺伝で発症するため個人の体質が肝となるのは間違いありません。

AGA治療は対症療法なので根本的に完治するものではないということをしっかり認識しておきましょう。

ですから、AGA治療を中止や休止すると再び脱毛や薄毛が進行していくことになります。

しかし、AGA治療にも副作用の恐れがありますからずっと使い続けるのというのも心配がありますよね。

ですから、一定のところまで薄毛が改善したと判断できたらAGA治療を途中でやめるという判断をするのも必要です。

AGA治療は保険適用外なので費用は100%自己負担になります。

AGA治療が日本で開始された当時の治療薬は万有製薬のプロペシアしかなかったためひと月1万円近くの費用がかかりました。

保険が適用されない医薬品は市販されている市販薬と同じ扱いなので価格は販売店に任されています。

ですから、処方箋薬局で購入する薬品でも価格差があり販売店によっては数千円の価格差も生じるのです。

また、処方箋をもらうためには診察を受ける必要がありますので再診料や診察料も都度発生します。

AGA治療は健康保険適用外の治療なので治療費は全額自己負担になります。

医薬品のプロペシアは医師の処方箋が必要なので1回の受診で約3000円の費用がかかります。

更にプロペシアが1錠250円(万有製薬公表価格)なので診察料と薬代で、1か月1万円以上の費用がかかる計算になります。

市販薬にも配合されているミノキシジルは医師の診断を受けなくても買う事ができます。

ミノキシジルを5%も配合している育毛剤にはリアップX5がありますがプロペシアと同額程度の高価格な出費になります。

AGA治療ではプロペシアという内服薬やミノキシジルが配合された塗り薬があります。

プロペシアは医薬品なので病院で処方箋を受けとらなければ手に入れることはできません。

ミノキシジル配合の育毛剤は処方箋が不要なので病院へ行かなくても買う事ができます。

ミノキシジルにはプロペシアと同様に飲み薬もありますが国内でAGA治療に認可されているのは塗り薬だけです。

ミノキシジル内服薬は個人輸入が可能ですが100%自己責任なのでお勧めすることはできません。