住宅ローンで今人気を集めている銀行とは?

住宅ローンで今人気を集めている商品がフラット35です。
フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事で、35年間支払い額が変わらないのが最大の特徴です。
フラット35に申し込みをすると、一般的なローン同様フラット35のローン審査は一般的な物よりも審査の見方が異なります。
フラット35のローン審査は、一般的な物と少し目の付けどころが違います。
フラット35だからといって、審査内容が甘い。
といった事もありません。
フラット35の場合、住宅の価値が問われます。
ですから、将来価値がありそうな住宅の場合、フラット35の審査は通過するケースが多いと言われています。
住宅ローンを組むためにはまず、まずはローンをどこの金融機関にお願いするか決めないといけません。
銀行でも良いですし、労金・ネットバンクなど住宅ローンを取り扱っている金融機関は数多くあります。
申し込みをする所による住宅ローン減税の審査の違いは特別違った点はありませんが、店舗が存在しないネットバンクは、取引をすべてネット上で行う事になります。
店舗にわざわざ行く必要がないので非常に好評です。
また店舗がない為、経費節約ができ、金利も低いのが特徴です。
ネットバンクはローン支払いを少なくしたい方や忙しい方にピッタリの住宅ローンです。
マイホームを購入する際は頭金が必要です。
良く頭金0円で住宅を購入出来る!という広告もありますが、頭金がなくても確かに購入は可能でしょう。
ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が大きくなります。
返済を少しでも少なくしたいのであれば、やはり最初に頭金を少しでも支払うと良いと思います。
頭金は物件購入金額の約20%だと言われてますが住宅を購入する際は他にも費用がかかりますので目安は20%と言う事で、自分の支払える範囲でやっていくと良いでしょう。
住宅ローンは家を購入するときにほとんどの人がお世話になるものです。
申し込み方法はいたって簡単で近場にある銀行や信用金庫などからでも可能ですし足を運べない。
という場合はネットバンクなども良いでしょう。
さらに、不動産屋とつながっている銀行等に任せるやり方もあります。
申請後の審査に通り、実際の支払が始まった場合10年に渡って控除を受けられます。
こちらは年末調整では受付できませんので自分で行う確定申告で申告する必要があります。

フラット35融資のしくみとは?借り入れの流れ!【金利面の特徴は何?】