レイクアルサは外国人でも借りれるのか?口コミを参考にお金を借りてみた

現在私はレイクアルサというキャッシング会社を利用しています。

利用した理由は、もちろんお金に困ったからですが、この会社を利用したきっかけは、ネットでの口コミの評価が高かったからです。

実際利用した方々の口コミでの評価や満足度も高かったですので、それを参考に利用してみたのがきっかけとなります。

利用してみて思ったことは、とにかく何事も素早く対応してくれるということです。

申し込みも簡単ですし、それが終わればすぐに審査をしてくれます。

また審査結果が出るのも早かったですし、その後の融資まで素早く対応してくれます。

私自身、色々なキャッシング会社を利用したことがありますが、ここまで素早く対応してくれる会社は数少ないです。

そして素早く対応してくれるだけでなく、金利も低いですし返済も手間なくできる方法もありますので、初めてキャッシングをされる方でも安心して利用できるかと思います。

今後お金を借りる予定のある方、急な出費がある方は利用してみることをおすすめします。

住宅ローンのように高額なローンは保証人や担保が必要ですがレイクアルサのカードローンは担保や保証人不要の無担保ローンです。

住宅ローンは住宅を購入するという目的のためのローンで長期に渡る返済ですから返済期間中に返済不能と言った事態を招かないよう入念に審査する必要があります。

一方、カードローンやクレジットカードなどといったローンは住宅ローンほど大きな借入額になりませんし、返済期間も短期が一般的です。

そのため、個人信用だけで借り入れすることが可能ですし保証人や担保も不要です。

何より、保証人を立てて審査をすることになった場合時間がかかってしまうためカードローンの良さとされるスピード感の魅力がなくなってしまいます。

消費者金融レイクアルサのキャッシング審査は割かし通りやすいと言われているので審査に落ちる人には、必ずそれなりの理由や原因があると思います。

まず、過去に自己破産をしたことがある人や返済が滞った経験がある人はブラックリストに入ってしまっている可能性があります。

また、総量規制という年収の1/3を超える借り入れはできない規則に引っかかっている可能性もあります。

要は、年収300万円の場合、100万円が限度額ということになりますが、すでに50万円の借金がある場合は新規では50万円が限度額ということになるのです。

又、複数の金融業者から借金がある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも敬遠されます。

一般的に消費者金融のレイクアルサのキャッシングの金利というものは銀行カードローンよりも高い場合が多いです。

消費者金融レイクアルサのキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%というところが多いですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、明らかに金利が低いことがわかります。

最大貸出限度額は消費者金融の場合は500から800万円となっていることが多いですが銀行カードローンは800から1 200万円と高額です。

(一部の銀行を除く)反面、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のレイクアルサのキャッシングの場合は事業用資金に使用できることが多いです。

又、銀行カードローンの場合は同行に口座を開設するなどの条件が付きますが消費者金融の場合は預金機能がないので、そのような条件を課せられることはありません。

消費者金融のレイクアルサのキャッシングと銀行カードローンは似て非なるものです。

それぞれにメリットデメリットがあるので比較してみました。

消費者金融のレイクアルサのキャッシングのメリットは審査時間が早いことや、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比べると高金利なことや、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法という法律によって規制されているのですが貸金業法には総量規制と呼ばれる特別な規制がかかっています。

これは、借金の増えすぎを止めるために設定された規制で年収の三分の一を超える借り入れができないとされるものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンなどといった担保を付けるローンは除外されレイクアルサのキャッシングやカードローンのような無担保ローンのみに適用される規制です。

いくつもの消費者金融レイクアルサから借金をしている人は多重債務者と言って金融業界からはブラックリストに入れられている可能性があります。

オークションでついつい値段を上げ過ぎてしまったなど予定外の出費が重なると、次の給料日まで生活費が足りないということがあると思います。

そんな時頼れるのがカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も必要なく、スピーディーに借り入れることができます。

最初は躊躇してても、一度レイクアルサのカードローンを利用してみると手軽に現金を手にすることができるので預金を引き出す感覚で、どんどんお金を借りてしまう人もたくさんいます。

預金感覚で引き出していると、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者に掛け持ちすることになりますから注意して下さい。

ローンを組むことができる金融機関には銀行の他に消費者金融レイクアルサやクレジットカードでのレイクアルサのキャッシングがあります。

以前は銀行からお金を借りるには複雑な手続きが必要となるため融資までに時間を要しましたが金融機関というのは利子を付けて返済してもらう事で銀行と消費者金融の金利を比較すると通常は銀行の金利の方が低く、消費者金融の金利の方が高いと言われています。

しかし、中には消費者金融よりも金利が高い銀行カードローンもありますからあながち消費者金融レイクアルサのほうが高金利であるとは言い切れません。

近頃の消費者金融といえば法律の改正やCMでのイメージアップ効果によってブラック企業という悪いイメージは拭えているのではないでしょうか。

近年においては就職先としての人気も上昇中のようなので消費者金融業界の業務内容や労働条件を解説します。

業務内容について紹介すると、まず債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済遅延者に電話やメールで督促知らせを出すという業務があります。

就職に際して必ず取得しておいた方が良いという資格ではありませんが店長(責任者)になるには「貸金業務取扱主任者」の資格が必要となります。

肝心の年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度で成果を上げることでボーナスという形で評価してもらえます。

金融業者各社の借入れの条件や金利などといったデータはランキングサイトを見れば一覧できます。

消費者金融レイクアルサごとにまとめて掲載しているサイトもありますし、一覧表にすることで比較しやすく表示してくれているサイトもあります。

参照:レイクアルサ外国人でも借りれる?レイクアルサ即日審査【スマホ対応】

個々の消費者金融についてメリットデメリット等わかりやすく紹介してくれているサイトもあるので消費者金融に詳しくない人でも、簡単に比較や選択することができます。

しかも公式サイトへのリンクを貼って誘導してくれるサイトが普通なので比較したらすぐに申し込みの手続きをすることができるのです。

又、ランキングサイトには、審査に申し込む時の記入方法や審査をクリアするためのコツなども紹介してくれていたりするので、是非積極的にご利用ください。

今すぐお金を借りたいという方にオススメの方法としてカードローンがありますがカードローンには銀行のものと消費者金融のものと2種類があります。

銀行カードローンは金利が低く、貸出限度額が大きいのですが審査が厳しいので、属性が高い人におすすめのレイクアルサのカードローンです。

一方、消費者金融のレイクアルサのキャッシングは利息が高めで、最大貸出限度額も低く、個人の収入や借入れ状況によっても限度額が大きく左右されます。

そのため、消費者金融のレイクアルサのキャッシングの方が銀行カードローンよりもデメリットが多いように思えますが、消費者金融のレイクアルサのキャッシングは比較的審査に通りやすいと評判なので属性に自信が無い方にもおすすめです。

また、審査結果もスピーディーで、即日融資も可能ですからとにかく急いで借りたい、手っ取り早く借りたいという人にはおすすめです。

お金を貸してくれる金融機関は数多くありますが主に銀行とノンバンクに分けることができますノンバンクとは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社などがノンバンクと呼ばれます。

クレジットカード会社や信販会社は商品代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内でレイクアルサの借りやすいキャッシングサービスも行っています。

一方、消費者金融レイクアルサとは貸金業専門になり利用限度枠内であれば何度でも借り入れと返済が可能となります。

消費者金融レイクアルサと銀行の違いは業務内容が異なるという点です。

銀行は金融以外に為替や証券取引など幅広くサービスを提供しています。

現在の消費者金融はクリーンなイメージですがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と呼ばれ、堅気の世界ではない感じがしました。

その頃はバブル経済で金銭感覚がマヒした人たちが多く簡単にお融資してくれる街金で借金を繰り返す人が増えてしまい社会問題になったほどです。

借り入れたお金には利息をつけて返済する義務があるのですが簡単に借金する人ほどお金を甘く見ていますから返済できるわけがありません。

もちろん、サラ金や街金はきっちり返済してもらわないことには損失になってしまいますので当時はかなり暴力的な手段で取り立てを行っていたようです。

今は乱暴な取り立ては法律違反となりますので昔のように電話で恫喝したり自宅まで押しかけてきたり・・ということはなくなりました。